ダイチダイチ

こんにちは、パパブロガーのダイチです。

楽天Payは、使える場所が多くスマートフォン決済(QRコード決済)の王道です。楽天スーパーポイントも支払いに使えるので、楽天会員は必須のスマートなキャッシュレス決済方法。

さらに、楽天Pay は、2019年10月からはじまる消費税増税でもポイント還元される決済手段です。

制度については、こちらで詳しく紹介しています。↓

消費税増税は、2019年10月からですが、 楽天Payは、よくお得なキャンペーンを実施しており、今からでも使いはじめれば、その分お得になって、日々の生活のお金にもちょっと余裕ができますよね(^^♪

楽天カードユーザーじゃなくても、楽天会員であれば、便利に使えます。私も、楽天を利用したポイントや、時々もらえる楽天ポイントを、楽天Payの支払いに使っています。

始め方も簡単ですし、この記事では、使い方も紹介していますので、お役に立てれば幸いです。

2019年5月楽天Pay(楽天ペイ)お得なキャンペーン

スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント (常時開催)
キャッシュレスウィークはコンビニでのご利用でもれなく最大2.5倍! (~ 2019年5月7日(月)23:59 )

・スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント

エントリーは必須なので、しっかりしておきましょう。

上記期間中に楽天ペイアプリでの初めてのお支払いがあり、エントリーした月の合計お支払い金額が5,400円(税込)以上の方


※エントリー前にご利用の履歴がある場合は本キャンペーンの対象外となります。

引用:楽天ペイ

キャッシュレスウィークはコンビニでのご利用でもれなく最大2.5倍!

楽天カードを持っている人は、お得なキャンペーンですよ。

エントリーは必須なので、ご注意くださいね。

さらに、楽天カードを持っていない方は、まったく関係ありません。残念。

期間中、エントリーいただき、ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100、ローソンスマホレジでのご利用分も含む)、ファミリーマートにて、楽天ペイアプリを合計500円(税込)以上ご利用が条件となります。
楽天ペイアプリご利用の場合、お支払い元のカードが楽天カードであることが条件となります。

引用:楽天Pay公式

1  楽天Pay(楽天ペイ) を使うメリット

楽天Payがおすすめな人を簡単にまとめると

  • 楽天IDを持っている人はすぐに始められる
  • 楽天ポイントを貯めたい人、使いたい人
  • 支払いをクレジットカードでしたい人(楽天カードではなくてもOK)

楽天ペイは、非常に使いやすいQRコード決済です。

まず、楽天会員で楽天スーパーポイントを持っている人は、楽天ペイを使うことで、楽天スーパーポイントの利便性がかなり高まります。

(1)通常ポイントだけではなく、期間限定ポイントも店舗で使える

楽天ペイでは、楽天スーパーポイントの期間限定ポイントも支払いに充てることができるので、非常に便利。

楽天期間限定ポイントは、特定のキャンペーンなどで付与され、それぞれ固有の「有効期限」が設定されていて、有効期限を過ぎると自動的に失効するポイント

引用:楽天公式

正直、楽天スーパーポイントが数十円だとか、使えきれないで失効を迎えそうになるとか、というか、もらったことさえ気づかない期間限定ポイントを、持て余してしまっているのが現実でした(´・ω・`)

ただ、楽天ペイを利用するようになってからは、普段の買い物でも非常に重宝するようになりました。

(2)決済の0.5%がポイント還元される

楽天ペイを決済に使えば、決済金額の0.5%がポイント還元されます。

つまり、現金で決済するよりもお得になるんです。さらに、クレジットカード決済を組み合わせれば、さらにお得な買い物ができますよ(^^♪

後ほどご紹介しますが、楽天ペイ自体の還元率は、0.5%ですが、クレジットカードとの連携の仕方で、最低3.5%以上の還元率にもなります。

とにかく、使える店舗で使わないのは非常にもったいないです。

(3)キャンペーンが多くてポイントが貯まりやすい

楽天ポイントは、2018年1月に「ポイントが貯まりやすい決済アプリ」ナンバー1になったそうです。そのほかにも、利用者数、総合満足度も(^^♪。やっぱり知名度が大きいですよね。

楽天ペイアプリはナンバー1

それはさておき、楽天のキャンペーンはとにかく多いです。楽天は、楽天市場をはじめ、紹介している楽天ペイ、楽天トラベル、楽天銀行、楽天証券などなど、ポイントが貯まる仕組みがとにかく多いのが特徴です。

楽天経済圏で生きている人(楽天のサービスで生活している人)もたくさんいることと思います。そうすることで、本当に楽天スーパーポイントがどんどん貯まっていきますので、日々お得を実感できる確率が高いのです。

お得に貯めて、お得に使いましょう(^◇^)

2  楽天Pay(楽天ペイ) が使えるお店

コンビニでは、ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ

飲食・アパレルなら、白木屋、AOKI、Mac-House、PIZZA-LAなどなど

楽天ペイが使えるお店

自分の近くのお店を探すなら、楽天ペイアプリが便利です。

アプリを起動して、虫眼鏡をクリックすると自分の近くで楽天ペイが使えるお店を紹介してくれますよ。

楽天ペイお店検索

利用できる店舗数は非公開ですが、かなり使えるお店は多いと思いますので、一度探してみてくださいね。

ちなみに、アプリではなく、楽天ペイ公式HPでも探せますので、参考としてください。→ 楽天ペイが使えるお店

3  楽天Pay(楽天ペイ) の使い方

1 アプリをダウンロードする

楽天ペイは、 アンドロイドの方は、App Store、アイフォンの方は、Google Playで「楽天ペイ」と検索して、アプリをダウンロードします。

2 利用登録をします。

楽天 ユーザーIDでログイン後、決済に使うクレジットカードを選択します。

既に、楽天会員である方は、普段使っているクレジットカードが登録されているので、改めて登録する必要はありません。

まだ、楽天会員ではない方は、会員登録から始めましょう。

なお、登録できるクレジットカードは、 すべての楽天カード、およびその他のVisa、Mastercardになります。

登録自体は、非常に簡単です。

4 楽天Pay(楽天ペイ)で支払う方法

楽天ペイは、 同じQRコード決済であるpaypayやLINEPayのように、先にお金をチャージする必要はありません

しかも、はじめに楽天スーパーポイントを使う設定をしておけば、先にそちらから消費されますので、とってもすっきり。

クレジットカードさえ登録しておけば、支払いは非常にスムーズです。

楽天ペイが使えるお店で、「楽天ペイで支払います」と伝えます。

お店によって、お店のQRコードを読み取る方法か、自分のQRコードを読み取ってもうら方法かは変わりますので、お店に従いましょう。どちらにしても、それほど難しいことはありません。

コード払いは、お店の人がスマホに表示されたコードを読み取れば、支払いが完了します。

楽天ペイコード払い

一方、QR読み取りは、お店においてあるQRコードを読み取って支払う方法です。 QRコードをスキャンをした後、金額を入力する画面に移ります。

お店の人がお買い上げ金額の「○○円」を入力してくださいというはずですので、後はご自分で、金額を入力して送信すれば、支払いが完了します。


支払いが完了すると次のようなページが表示されます。

楽天ペイ支払い結果

5  楽天Pay(楽天ペイ) での支払いで、還元率を3.5%以上にする方法

楽天ペイにクレジットカードを登録する場合に、そこにKyashというプリペイドカードを登録することで、簡単に還元率が2%アップします。

例えば、楽天カード(還元率1%)をそのまま登録するのではなく、ご紹介したKyashに楽天カードを登録登録して、さらにそのKyashを楽天ペイに登録します。

すると、楽天カード(1%)+Kyash(2%)+楽天Pay(0.5%)=3.5%の還元に早変わりです。通常よりも、2%も多く還元されるのです、これは大きい(^^♪

Kyashについては、ここで詳しくご紹介しています。

さらに、ファミリーマートで使う場合、Tポイントもたまりますので、さらに0.5%還元されます。

つまりは、実質4%還元になります!!

使い方次第で、毎日毎日お得に買い物ができます。実践してみてくださいね。

さらにお得にしたい方は、特定のショップに行くとポイントが貯まる「楽天チェック」のダウンロードもおすすめ。さらに、ポイントが貯まりますよ~。

ただし、お店にいったらアプリでチェックインする必要はありますので、ご注意を!!特に、ローソンをよく使われる方は、是非!