ダイチダイチ

こんにちは、パパブロガーのダイチです。今日は、お金コミュニケーション プリンというアプリをご紹介します。これを使えば、お金のやり取りが非常に便利になります。

プリンのよさ

・銀行への出金手数料無料
・スマホがあれば、セブンで現金も無料で出金可能
・もちろん、送金も無料

我が家で、スマホ送金活用法

我が家は、家計管理を私(夫)がしております。

時々、妻が家庭のお金を先に払ってくれたりするんですけど、そんな時、今までは、現金で渡していました。

でも、時々現金がなかったりすると、忘れてしまうなんてこともありました。

ママママ

パパに、何度もお金を請求するのは結構苦痛でした。

ちょっとしたお金でも、払ったり、払ってもらってなかったりが気持ち悪いものです。

そのため、我が家では、まずLINEPayを使って、送金するようにしたんです。

LINEPayは、LINEをやっている同士なら簡単に送金可能です。しかも、送金手数料は無料。

○現金時代(時間がある時に銀行ATMへ)
銀行ATMに足を運ぶ → おろしたお金を運ぶ → ママに渡す
※引き出しで手数料がかかる可能性も

○スマホ送金時代(その場で)
スマホで銀行からLINEにチャージ → ママに送金
※送金やチャージには、手数料がかからず

とってもスマートで、しかも早い!

送られたお金は、LINEPayで使うこともできますし、現金でも引き出せますので、実生活においても、非常に利便性が高いです。

ただ、この送られたお金をLINEPayで使わず、現金で引き出す場合は、216円の手数料がかかりますので、その点は欠点。

(なお、PayPayや、Kyashも個人間送金に対応していますが、現金での出金はできません。)

ただ、この問題が解消されたアプリがプリン(pring)なのです。

プリンは、銀行への出金を無料で行うことができます

プリン(pring)とは?

プリン(pring)

公式HPによると、プリンは次のようなアプリです。

相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、 簡単にお金のやりとりができるアプリです。

引用:プリン公式HP

実際、私が先ほどLINEPayでしていることが、プリンでも行えます。

ただ、プリンの一番の利点は、やはり出金手数料がかからないことだと思います。

  • プリン(pring)は、個人間送金無料
  • プリン(pring)は、アプリ登録から登録口座への出金も手数料無料

これで、心おきなく家族間、友人間でプリン(pring)を使って送金ができますね。

これは、凄いことです。

例えば、銀行ATMでお子様に仕送りなどしている人は、まず、銀行ATMに足を運び、銀行振り込み(手数料発生の可能性も)、送金できたかを子どもが確認し、子どもが出金(手数料発生の可能性も)。と、手数料も時間もかかります。

一方、プリンなら、スマホで入金(手数料無料)、子どもの銀行口座に送金(手数料無料)、スマホで入金確認、そして子どもが出金(手数料無料)と非常に無駄が少ないんです。

pring代表取締役CEOの萩原さんは、次のように話されています。

pringの戦略を一言で言い表すなら「摩擦ゼロ戦略」だ。とにかくわかりやすいインターフェースとユーザー体験により、スマホでお金を動かすことの摩擦をなくすことを追求する戦略とのこと。

引用:日経BPムック「QR決済」

とのこと。本当にその通りだと思います。

スマホの画面もシンプルで、非常にわかりやすいです。

プリン 画面

読んだらすぐわかるから、使い勝手がいい。

プリン(pring)にチャージできる銀行は?

プリンにチャージできる銀行は、現在次の15銀行。

私が愛用している楽天銀行もあり( *´艸`)よかった~。

チャージも500円から対応しています。

PayPayは、1000円単位でしか入金できませんので、細かく入金できるのはうれしい。

みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、北九州銀行、近畿大阪銀行、京葉銀行、東邦銀行、百十四銀行

引用:プリン公式HP

ただし、これらの銀行口座を持っていない場合は、チャージできません。

プリン(pring)は、クレジットカードや、コンビニでのチャージなどのサービスはなく、銀行直結のみです。

現在、 プリンアプリをダウンロードし、4月18日までに、イオン銀行口座を登録した場合に、500円を受け取れるキャンペーンを実施中です。

イオン銀行 500円プレゼントキャンペーン

気を付けなければならないのが、 イオン銀行以外の金融機関を含め、プリンに初めて銀行口座を登録した方。 とのことなので、アプリをインストールしたら、まずはイオン銀行を登録しちゃいましょう。

プリンは、チャージしたお金や、受け取ったお金を、銀行口座に戻すことが、手数料無料でできます。LINEPayだとかかっていた手数料が、プリン(pring)なら、何度でも無料。

銀行は複数登録できますので、私は、楽天銀行(給与振り込み口座)、SBI銀行(投資用口座)、ジャパネット銀行(余剰貯蓄口座)として、使い分けていて、これまでは、それぞれの銀行口座をパソコンを開いて操作していましたが、プリン(pring)があれば、これらの口座間の資金移動が楽々。これは本当にありがたい機能です。

プリン(pring)の出金はどうしたらできる?

プリンのお金を銀行口座に戻して、出金するやり方が1点。

もう1点が、セブン銀行ATMで出金する方法です。

ぷりん セブン銀行ATM出金

セブン銀行では、出金手数料無料で、1日1回プリンの出金ができます。

  • 1,000円から出金できます。
  • 1日2回目以降は、216円かかります。
  • セブン銀行の口座は持っていなくても引き出せる。

ATMでの出金が24時間無料になるのは、送金アプリとして日本初の試みとのこと。これはすごい!

プリンさえあれば、銀行のキャッシュカードも、常に持ち歩く必要はありません。

なぜなら、必要な銀行から無料でプリンにチャージして、さらにプリンを使って、セブン銀行ATMで出金することができるからです。

プリン(pring)は、複数の端末で利用できるのか?

プリン(pring)は、基本的には1電話番号に、1アカウントです。1人で、複数のアカウントを持つことは、利用規約違反となり、アカウント停止の対象となるとのことです。お気を付けを。

プリン(pring)のまとめ

お金の送金が革命的といってもいいほどスムーズになるプリン(pring)。

プリンのよさ

・銀行への出金手数料無料
・スマホがあれば、セブンで現金も無料で出金可能
・もちろん、送金も無料

プリンは、QRコード決済にも対応していますが、残念ながら、まだ利用できるお店は多くありません。

プリン(pring)を使っているお友達が増えれば、プリンが利用できるサービスも増えていくことと思います。

私も、早速家族間でやりとりはじめています。本当に便利です。

プリン(pring) - 送受金アプリ
プリン(pring) – 送受金アプリ
開発元:pring Inc.
無料
posted withアプリーチ