ダイチダイチ

こんにちは、パパブロガーのダイチです。LINEPayカードは、私も持っていますが、使い方によっては、LINEPayのうま味あ消えてしまうのでご注意を。

LINE Payでの支払いは、2通りあります。
ひとつが「LINE Payカードを使った支払い」
もうひとつが「LINE Payコード払い」です。

どのような違いがあるのか簡単にご説明します。

1 LINE Payカードを使った支払い

LINE Payカードは、
お財布などに入れて持ち歩く、いわゆるプラスチックカード。
JCB加盟店ならどこでも使えるプリペイドカードになります。
プリペイドカードなので、nanacoなどと同じように、先にお金を入金する必要があります。

還元率は、マイカラーにより違い
0.5~2%の還元率となります。

(例)1万円の決済で、50円~200円の還元。

ご自分のマイカラーを確認する方法は、ウォレットの下のほうにある「マイカラー」をクリックすると確認できます。

LINEPayマイカラーの確認方法

ここ最近のキャンペーンでは、LINEPayカードでも大幅還元を受けられる

実店舗で使える強みがあるLINEPayカード、発行するだけなら無料なので、発行はしておきましょう!ただ、キャンペーン以外は、やっぱり還元率低いので、サブカードで、、。

2  LINE Payコード払い

LINE Payコード払いは、 持ち歩けるプラスチックカードはなく、 スマホでコードを表示させて決済するもので、 LINE Pay加盟店でしか使えません。

LINE Payコード支払いも、プリペイドなので、先に入金しないといけないのは、LINE Payカードと同様です。

還元率は、マイカラーにより違いますが、最低でも3.5%~5%と、LINEPayカードに比べ、3%のボーナスがつくのが利点です。

(例)1万円の決裁で、350円~500円の還元。

その差は、歴然です。

ご紹介した還元率ですが、次のとおりとなります。

LINEPayカード支払いの場合の還元率
2%還元《グリーン》決済金額 : 10万円/月
1.5%還元《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月
1%還元《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月
0.5%還元《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

2%還元は、月10万円以上使う人に与えられるランクです。ただ、正直そんなには使わない人がほとんどであると思いますので、2%の還元率を目指すのはナンセンス。

私の結論としては、LINE Payカードはキャンペーン期間以外は不要です。

3 LINEPayを効率よく使う方法

1 LINE Pay加盟店の場合。

LINE Pay 加盟店の場合は、迷わずLINE Payのコード払いで、最低3.5%の還元を受けましょう。

2 LINE Pay加盟店でない場合。

LINE Payカードではなく、例えば楽天カードで支払います。それだけで、マイカラーボーナスのレッド相当の1%還元を受けられます。
さらにお得に活用するために、2%還元のkyashカードに、楽天カードを登録して使います。

Kyash画像

楽天カード(1%還元)+kyashカード(2%還元)=3%還元となります。

こうすれば、わざわざマイカラーの上位を目指す必要はありませんし、最上位のグリーンの2%を超える3%の還元を受けることが可能です。

4 LINE Payカードを発行するメリットがある人とは?

LINE Payカードを発行してメリットがある人とすれば、

クレジットカードを作りたくない!もしくは、作れない!という方です。

LINE Payカードは、プリペイドカードなので高校生でも発行可能。

LINE Payカードは、JCB加盟店なら使えますので、 (コンビニやスーパーなどはほとんど決済可能)、 例えば、子どもに現金を渡すのではなく、LINE Payカードを持たせて、 お昼代に使ってもらうなどの使い方は想定できます。

つまり、

・ちょっとでも、子どもにもお得な買い物をしてほしい!!
・LINEを使っている子どもたちに、LINEの動画視聴などでこつこつLINEポイントを貯めて、それをお金の代わりに使ってほしい!

というお考えの方なら発行するメリットは大いにあると思います。

ただ、それ以外の方はやっぱり、クレジットカードを発行したほうがお得かと思います。もしくは、nanacoやsuicaでもいいのかなと思います。

nanacoは、100円につき1%還元なので、LINE Payカードよりも基本的に、還元率は高いです。セブンイレブンをよく使われる方は、nanacoを使ったほうがお得です。

今、nanacoは、セブンイレブン以外でも、ドラッグストアなどでも決済できるところが増えていますので、是非ご活用ください。

nanacoが使えるお店を探す

5 LINEPayカードは、キャンペーン期間中は、かなり利便性アップなので、発行だけはしておきたい

普段の還元率を考えると、普段使いではうまく還元率を享受できなLINEPayカードですが、時々行われる大型のPay得キャンペーンなどでは、その利便性が飛躍的に高まります。

それは、実店舗でも、インターネットでも、ほぼJCBのクレジットカードとして使えること。

そのため、発行だけはしておいて、損はありません。申し込みから1~2週間かかりますので、キャンペーンにそなえて発行しておきましょう。

作り方は非常に簡単です。

①:LINE「その他」をクリックし「LINE Pay」へ進みましょう。

②:続いて「LINE Payカードのデザイン」と「名前」「住所」「パスワード」の順で設定していきます。

LINEPayカード申込

③:全ての項目に問題なければ手続き完了です。1~2週間後、登録した住所へLINE Payカードが届きます。

とっても簡単です。

次に、カードが届いてからの手順を解説しますね。

①:LINE Payカードが手元に届きましたらLINE Payの「カード受取後の利用開始手続きはこちら」を選択します

LINEPayカードカード利用

②:「セキュリティコード」がカード裏面にありますので、その番号を入力すれば、LINE Payカードが利用できます。

LINE Payカードの到着まで1~2週間ほどかかりますので、気長に待ちましょう。