ダイチダイチ

こんにちは、パパブロガーのダイチです。LINEPay愛用者の私。日々お得な使い方を実践中です!

LINEは、とっても身近なアプリ。友人や家族、職場との連絡には、なくてはならないぐらい浸透してますよね。

このLINEが力を入れているのが、LINE Pay(ラインペイ)というキャッシュレス決済です!

LINE Pay は、2019年10月からはじまる消費税増税でもポイント還元される決済手段です。

制度については、こちらで詳しく紹介しています。↓

消費税増税は、2019年10月からですが、 LINE Payは、毎月お得なキャンペーンを実施しており、 今からでも使いはじめれば、その分お得になって、日々の生活のお金にもちょっと余裕ができますよね(^^♪

LINEは、ずっと使っていましたが、 LINEPayは、使ったことがありませんでしたが、今まで使わなかったのが勿体ないぐらいです。

最近では、使えるお店も増えてきましたので、これを機会に、是非お得に買い物をしてみてください。

始め方も簡単ですし、この記事では、使い方も紹介していますので、お役に立てれば幸いです。

ママママ

パパに教えてもらって、私も登録できました。今では、しっかり使ってます。

LINE
LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

2019年5月のLINEPayお得なキャンペーン

・LINE Payでのお支払いで「もらえるくじ」(~5月31日)
・初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当プレゼント!(~5月19日)

LINE Payでのお支払いで「もらえるくじ」 (~5月31日)

この春のキャンペーンで、好評だったもらえるくじが、延長になりました!

規模は縮小されましたが、それでももらえるものはうれしいですよね。

5月2日(木)15:00~5月31日(金)23:59の期間中、LINE Payで100円(税込)以上お支払いいただくと、「くじ」をプレゼント♪
当選すると、1円~200円相当のLINE Pay残高がもらえます!
キャンペーンの登録は必要ありません!
LINE Payでお支払いいただくだけで簡単に参加できます! 

詳しくは、公式HP

初めての銀行チャージ1,000円以上で、500円相当プレゼント! (~5月19日:終了)

銀行チャージを設定しておけば、LINEPayの支払いも簡単です。まだ、やったことがないという方は、お得なキャンペーンですよ。

「まだLINE Payの銀行チャージを使ったことがない…」という方必見! 
期間中に1,000円以上の“初めての銀行チャージ”をすると、なんとLINE Payの残高500円相当をプレゼント! 

詳しくは、公式HP

LINEPayは、お得なキャンーペーンの告知が、LINEのメッセージ(友達登録の場合)で届きますし、頻繁にお得なキャンペーンをしていますので、PayPayに次いでよく使うスマホ決済です。

ただ、キャンペーンの還元が受けられるのは、1~2か月後先なので、忘れたころに付与されます(;´∀`)もうちょっと早いといいんだけど、、。

1 どうやったらLINE Payは使えるの?

LINEPayは、こんな人におすすめです。

  • 日常的にLINEを使っている人
  • 食事や飲み会などで割り勘をよくする人
  • QUICPAYを使っている人(おサイフケータイ搭載のアンドロイド対応のみ)

LINE Payを登録する

LINE Payを使ったことがない方は、まずは登録をしましょう。LINEを起動して、一番右側のウォレットを開きます。

LINEPay登録1

次に、 ウォレット上部の[LINE Payをはじめる]を選択して、パスワードを設定すれば使えるようになります。

LINEPay登録2

LINEPayにお金をチャージする。

LINEPayは、先にお金をチャージして支払うプリペイド方式です。これは、nanacoやwaonなどと同じです。つまり、チャージした金額しか使えません。

なお LINEPayは、今はまだクレジットカードでのチャージができません。

ただ、LINEPayとの連携でコード支払いにも対応したVisaブランドのクレジットカードの導入が予定されています。しかも、初年度は年会費無料で、3%の高還元率になる予定とのこと。これは楽しみ~。

公式:【LINE Pay】Visaブランドの提携クレジットカードの導入を発表 初年度は年会費無料で3%の高還元クレジットカードが登場

ここでは、LINEPayにチャージするための、代表的な2つの方法をご紹介します。

1 銀行口座でチャージ(一番のおすすめ)

銀行口座を登録すれば、銀行口座からLINE Payにチャージすることができます。

2019年5月は、銀行口座を登録して、1000円以上チャージするだけで、500円分のポイントがもらえます!

お得ですし、ずっと使い続けるなら、銀行口座を登録するのが一番。ウォレットにある「銀行口座」をクリックし登録します。

LINEPay銀行登録1
LINEPay銀行登録2

チャージすると、LINEでチャージしましたよ~、とメッセージが届きます。

2 コンビニでチャージ(セブン、ファミマ、ローソンでできます)

コンビニでのチャージは、主要な3つのコンビニでできますが、それぞれチャージの仕方が違います。

セブンイレブンは、セブン銀行ATMを使って、ファミリーマートではファミポートを使って、ローソンでは、LINEPayカードを持っていないといけません。

ここでは、ファミリーマートでチャージする流れを簡単に説明します。
1 LINEPayでコンビニチャージを選択し、チャージ金額を登録
2 ファミリーマートにあるファミポートで、受付番号と予約番号を入力してレシートを発券する
3 そのレシートをもって、レジにてチャージ金額を現金払いします。
4 これにて完了です。

LINEPayコンビニチャージ1
LINEPayコンビニチャージ2

銀行口座のチャージ同様、チャージするとLINEメッセージが送られてきます。

正直、コンビニでチャージは、店舗に足を運ぶことと、端末などでの操作が必要なので、手間がかかります(´・ω・`)

しかも、商品を購入しようとした時に、チャージ金額が足りない事態になったら、コンビニまで走らないといけないことになってしまいますので、現時点では、銀行口座登録が一番利便性が高いと思います。

2 どの店舗でLINE Payは使えるの?

コンビニでは、
・ローソン
・ファミリーマート
の2店舗です。セブンイレブンでは使えません。やはり、セブンにはnanacoがありますからね~。

ドラッグストアでは、
・ウエルシアグループ
・サンドラッグ
・ココカラファイン
・くすりの福太郎など

ドラッグストアは、普段から重宝しているので、高還元の決済手段が使えるのは、本当に助かります。

そのほかでも居酒屋さんやカラオケなどでも使えます。

詳しくは、公式HPをご確認ください。

3 LINEPayでどのように支払うの?

コード支払いの方法は、LINEPayのコード画面を表示して、レジで読み取ってもらう方法がスタンダードです。

STEP 1)
まずは、LINEPay支払いができる店舗で、「ラインペイで支払います」と伝えます。

STEP 2)
そして、LINEを立ち上げて、[ウォレット]タブをタップして、[コード支払い]を選択します。

LINEPay支払い1

STEP 3)
パスワードを入力して、コードを表示します。そのコード画面を、レジで読み取ってもらいましょう。

LINEPay支払い2

LINEポイントを使用して支払いたい場合は [LINEポイント]にチェックを入れておくと、今持っているポイントが優先的に利用されますので、無駄なく使いましょう

STEP 4)
お支払い完了! 完了すると、LINEに決済情報が届きます。

LINEPay支払い3

4 LINEPayの還元率は高い!

実店舗では次の2つの方法で支払いができます。
LINEPayカードを使った支払い
・スマートフォンを使ったコード支払い
それぞれ、支払いの還元率が違うので注意!

LINEPayカードは、 コンビニやスーパーなど国内外のJCB加盟店約3,300万店舗(2017年3月時点)で利用できます。 ただし、還元率がコード払いに比べて低い点が難点です。

還元率は、マイカラーによって変わってきます。

LINEPayカード支払いの場合の還元率
2%還元《グリーン》決済金額 : 10万円/月
1.5%還元《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月
1%還元《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月
0.5%還元《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

一方、スマートフォンを使ったコード払いは、使える店舗数は少ないですが、還元率がLINE Pay カードに比べて高い点が利点です。

コード払いの場合の還元率
5%還元《グリーン》決済金額 : 10万円/月
4.5%還元《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月
4%還元《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月
3.5%還元《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月
※ 基本の還元率に3%を足したものが、コード払いの還元率になります。

つまり、最低3.5%の還元率となります。すごい還元率(^^♪

LINE Pay 支払いができるところでは、積極的に「コード払い」をしていきましょう!

ちなみにマイカラーの確認方法は、ウォレットの下のほうにある「マイカラー」をクリック。するとご自分のバッチの色をいることができます。

LINEPayマイカラーの確認方法

LINE Pay カードで支払うなら、楽天カード(還元率1%)などの還元率が高いクレジットカードで支払ったほうが、還元率が高くなる場合が多くなるので、ご注意を。

5 LINE Payには、LINEポイントが充当できます。

LINEをしている方は、動画視聴などでLINEポイントをためて、スタンプを購入したことはありませんか?
LINEPayは、この貯めたポイントを実店舗で 使うことも可能です。
貯めたはいいけど使っていない、、、。という方はもったいない。

活用されていない方は、LINEPayでの支払いに使って、無駄なく利用しましょう。

それ以外にも、nanacoなどにも交換可能ですよ( *´艸`)

6 LINE Payをお得に使う方法とメリット

原則
LINEPayが使える店舗がある場合は、「LINEPayのコード払い」を選択しましょう。そうすれば、最低3.5%還元を受けられます。一

マイカラーで、還元率が2%(コード払いで5%)のグリーンを狙うには、月10万円以上使わないといけませんが、ほとんどの人にとっては、現実的ではないと思います。

正直私もホワイト(-_-;)

ただ、コード支払いをすれば、最低のホワイトでも、
コード払い還元3%+マイカラー還元0.5%=3.5%還元がうけられます。

クレジットカードのポイント還元でこんな還元率はありません。

(1)LINE Payの支払いにも使えるLINEポイントを貯めるのは簡単。

LINEポイントを貯めたことはありますか?
LINEポイントは、動画視聴や企業との友達登録などをすれば、比較的サクサク貯まります。

その点、paypayは現在のところ、paypay支払いでしかポイントが貯まりませんので、こつこつと貯めれる点では、LINEPayがとってもお得。

私も、先日動画視聴をして10ポイントほど頂きました(^^♪

LINEポイント をためるためには、ウォレットを開いて、LINEポイントをタップします。

LINEポイント1

LINEポイントでは、動画を見たり、アプリをダウンロードしたりなどなど、色々な貯め方がありますので、ご自分にあったもので、活用してみてくださいね。

LINEポイント2

このLINEポイント、実はもっとたくさん貯める方法があるんです。

それが、ポイントタウンというポイントサイトを活用する方法です。

ポイントタウンは、LINEとは全く別のサイトですが、このポイントタウンで、サービスの資料請求や、クレジットカードの発行などをすれば、それに対して、ポイントがもらえるのです。

もらえるポイントは、現金にも還元できますが、LINEポイントに交換することもできるんです 。

例えば、ポイントタウンで楽天カードを発行すると、8000円分のポイントがもらえます。(時期により変動します。)

一方、LINEでも楽天カードを発行することもできますが、こちらでは4000円分のポイントにしかなりません。(こちらも時期により変動します。)

ポイントタウンで発行するだけで、4000円分もポイントが違ってきます( *´艸`)

さらに、ポイントタウンは、LINEよりも案件が多いので、ポイントも貯まりやすい。

ポイントタウンで貯めはポイントを、LINEポイントに交換する手間はありますが、それだけで、お小遣いがたくさん増えるとすれば、やらないのはもったいないです。是非活用しましょう。

もちろん、現金が欲しい方は、ポイントタウンのポイントを現金に換えることも可能です。

ポイントタウンも参考にしてくださいね。

(2)現金にはない還元が受け取れる

LINE Payでの支払いができる場合、現金とLINE Payでのコード払いと、どれくらいお得さが違うのか 改めて確認してみます。

1,000円での支払いをした場合
現金 還元は、0円
LINE Pay 還元は、1,000円×3.5%=35円

たった35円と思われますか?

現在 、メガバンクである三菱UFJ銀行の普通預金:金利0.001%に1,000円を預けても、いつまでたっても1円も増えません。

それが、ちょっとした工夫だけでお金が増える! これが、楽しいんです(^^♪

(3)すぐに通知を受け取れる

LINE Payは、LINEと連動しているので、店舗で支払いをしたらすぐに使った金額などを教えてくれますので、 いくら自分が使ったのかの把握が簡単です。

LINE決済

万が一不正利用があった際にも、気づきやすいですよね。

7 送金機能が意外に便利

LINEのユーザー同士だったら、このラインポイントをお互いに、手数料無料で送信できます。
銀行の送金は、お金がかかりますけど、このLINE同士ならとっても便利。

私の妻もLINEPayを始めたので、妻が家族共通の支出で、お金を払ってくれた時に、 LINEPayで送金してます(^^♪(私が家計管理してるので)

以前は、現金がないときは、後から払うわ~、って言って忘れることも多かったのですが、 それがなくなり、私も妻もすっきり( *´艸`)

100円単位で送金できるので、使ってみてくださいね~。

なお、現金で引き下ろしたい場合は、200円の手数料がかかりますので、LINEPayで支払うのがおすすめ。

結構便利。
使い勝手もいいので、意外に喜ばれます。

8 LINE Payのデメリット

LINEPayを使うデメリットをいくつか挙げてみました。

(1)クレカ非対応なので、ちょっとチャージが面倒くさい?

正直、コンビニでのチャージは、店舗に足を運ぶことと、一度端末を操作しないといけないので面倒くさいです。

ただ、 銀行口座さえ登録すれば、ある一定の金額以下になった場合に、 自動的にチャージすることもできますし、足りない時は、すぐにチャージもできますので、 大きなデメリットではないかと思います。

(2)マイカラーボーナスの上級を目指すのは難しい

メリットで上げましたが、月10万円以上使うのはよっぽどのことがない限り現実的ではありません。

ただ、最低ランクのホワイトでも0.5%還元(コード払いなら3.5%還元)と考えれば、デメリットでもないでしょうか。

(3)アプリを起動するのが面倒くさい?

支払いに使う コードは、スマホのデスクトップにショートカットを作成できますので、 慣れればどうってことありません(^◇^)

お財布を取り出して、お金を探して、小銭までそろえて出すことを考えれば、 スマホを出して、コードを出してレジに差し出す。

なれれば、現金払いよりも早いくらいかもしれません。

(4)LINEPayカードは、使える店舗がたくさんあるけど、カード支払いだと還元率落ちる

LINE Payは、基本的にはLINE Pay導入店舗でしか使えません。
それを、LINE Payカードというカードを発行すれば、JCB加盟店でなら
クレジットカードと同様に普段使いも可能です。

ただ、還元率は0.5%(マイカラーが最低のホワイトの場合)ですので、
それならば、還元率1%のクレジットカードなどを使った方が正直お得です。

最低でも、3.5%還元が受けられるのは、 LINE Pay加盟店で、LINE Payのコード支払いをした場合ですので、お気を付けくださいね。