ダイチダイチ

こんにちは、パパブロガーのダイチです!

2019年10月に消費税が10%となります。(食料品は8%で据え置きになります)

現在に比べ2%の増税となり、家計への負担は避けられません。

家計を預かる身としては、わずか2%であっても厳しいです!(家計管理は私がやっております。)

そのため、政府は増税からしばらくの間、クレジットカードなどを使った キャッシュレス決済をした場合に、5% または、 2%のポイント還元をすると発表しました。

キャッシュレス・消費者還元事業

平成31年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策と して、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の 観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模 事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元・割引を支援し ます。

引用:経済産業省 平成31年度予算案 2019.3.5

と政府は発表しています。単語が難しい、、。

政府がキャッシュレス決済を推進する理由もまとめてみました。

5%のポイント還元を受ければ、実質の消費税は5%となり、 今よりも、消費税が安くなる計算になります。

ただ、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を使わなと、ポイント還元は受けられません。

キャッシュレス決済普及のため、企業さんたちも、様々なキャンペーンを展開していますので、はじめるなら今ですよ(^^♪

私は、様々なスマホ決済(QRコード決済)を使って、少しでも安く買い物ができるように、執念をもって(笑) 、使い倒しています!

1 還元されるのはいつからいつまで?

ポイント還元が開始されるのは、

増税開始の2019年10月1日から東京オリンピックが開催される前の 2020年6月末までの9か月間と決定しました。

ずっとポイント還元されるわけではなく、 あくまでも期間限定の措置となります。

消費税増税前には、人気のクレジットカードは駆け込み需要で 発行に時間がかかるかもしれません。

もし、まだクレジットカードをもっていないようなら、今から準備をしておくといいかもしれませんね

私は、現在キャッシュレス決済を使えるところは、使っていますが、例えば月に10万円ほどキャッシュレス決済した場合、低く見積もっても2%つまり、2,000円以上はポイント還元されています。

これは、年間でみると2万4,000円以上。正直、もっと還元されていると思いますので、3万円以上はポイントを上手に受け取っていると思います。

増税されれば、さらにこの金額が大きくなると予想しています。

今から、キャッシュレスに慣れておくことは、楽しく買い物するコツのひとつですね。

2 還元されるキャッシュレス決済は?

クレジットカードや電子マネー、QRコードなどが対象です。

2019年3月 このポイント制度に参加する方向で検討しているのは、次の事業者さんです。(2019年3月19日 中日新聞朝刊より)

○クレジットカード
JCB
三井住友カード
三菱UFJニコス
クレディセゾン
ジャックス
楽天カード
オリコ

○QRコード決済
楽天
ペイペイ
NTTドコモ:d払い
Origami
LINE

○電子マネー
・イオン : WAON
・セブン&アイ・ホールディングス :nanaco

残念なことに、複数の交通系ICカード大手が不参加の方針となっています。


さすがのSuica(スイカ)は、対象となる見込みとのことですが、Kitaca(キタカ)、manaca(マナカ)、TOICA(トイカ)、はやかけんは対象外となる見通しとのこと。これは、かなり残念な結果ですね。

クレジットカードや、電子マネーを使っている人も多いのではないでしょうか。

私は、最近、大幅還元キャンペーンを展開して話題の、スマートフォン決済サービスのLinePayや、PayPayをよく使っています。

すでに、大幅な還元キャンペーンを展開していますので、 まだ、使ったことがない方は、はじめてみると、お得に買い物できて、楽しいですよ(^^♪

3 キャッシュレス決済をすれば、実質5%以上の還元が受けられる!

政府は、正式に、消費税増税によるポイント還元がどのように実施されるか発表していませんが、例えば、次のようなポイント還元が考えられます。

クレジットカードを普段利用している方は、もちろんご存知だと思いますが、クレジットカードを使えば、決済に対してのポイントがつきます。

例えば、楽天カードで決済した場合は、通常ポイントとして楽天ポイントが1%分、 さらに、増税対策のポイント還元5%で、現金で支払うよりも、実質合計6%の還元が受けられます。

楽天ポイント1%+増税対策ポイント5%=6%還元

さらに、PayPayにクレジットカードを登録して使えば、さらに0.5%還元を受けられますので(キャンペーンでのポイント還元は除きます)、 合計6.5%の還元になります。

paypay0.5%+楽天ポイント1%+増税対策ポイント5% 
= 6.5%還元

さらに、さらに、例えばファミリーマートでTカードを提示すれば、Tポイントのポイントもついて、実質7%還元になります。

paypay0.5%+楽天ポイント1%+増税対策ポイント5%+Tポイント0.5%
= 7%還元

もし単純に、現在の支払い方法に、増税対策のポイント還元が受けられれば、さらにお得に買い物ができますので、今のうちにキャシュレス決済に慣れておいて損はありません。

せっかく、キャッシュレス決済をはじめるなら、お得に使い倒しましょう。

4 注意!ポイント還元はどこでも5%ではない

ポイント

中小・小規模の小売店・サービス業者・飲食店等で支払いを行った場合に、個別店舗については、5%。フランチャイズ加盟店等については、2%が還元されると正式に発表されました。

また、政府は、2019年3月1日に、売上高が年500億円を上回る事業者での利益は還元の対象としない方針を固めました。

年500億円を上回る事業者に、どのような会社があるのかは、公表されていませんが、買う場所によってポイント還元が違うので、今は、その点だけ覚えておきたいことですね。

また、還元されるポイントの上限は一律に決めず、決済事業者ごとに設定できるようにするとのことです。

ということは、ポイントが上限に達し、還元が受けられないという事態にならないように、自分で管理する必要もありそうです。

なお、 キャッシュレス決済でポイントが付く中小店舗の登録は、2019年4月から募集を開始するようです。わかり次第、情報を追記していきます。

(2019年3月27日追記)

農協や生協といった協同組合の小売事業は、5%還元の実施対象と加える方針であることがわかりました。ただし、ただ中小支援の趣旨に合わない年間売上高500億円超の組合は除外する方向で検討していくとのことです。

農協さんは、スーパー「Aコープ」や、農業用資材などを組合員に供給する拠点を各地で展開しています。

また、生協さんは、私も子どもが小さいころお世話になりまりましたが、宅配や、大学などでも展開しています。

消費者にとっては、消費税増税のポイント還元対象事業者が増えるのは、大歓迎ですね。

5 ポイント還元がされない買い物もあります

全ての支払いに、ポイント還元がされるわけではないようです。

政府は、換金性が高い金券や郵便切手は売却益を狙った転売の横行も懸念されることから、 対象から外すとのことです。ただ、絵画や宝石はOKとのこと。対象品目の線引きは非常に混乱しそうです。

また、特別な減税措置を取る自動車と住宅も除外されるとのこと。

ただ、日々の買い物には、特に影響はなさそうです。

6 今できるおすすめのキャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済といっても、種類はたくさんありますので、 私が実践している方法をご紹介します。参考になれば幸いです。

Step1 キャッシュレス決済初心者の方へのおすすめ

・クレジットカードをもっていない
・年会費がかかるクレジットカードを使っている
・ポイント還元が悪いクレジットカード(0.5%)を使っている
・ポイントを使わずに、失効してしまっている

こういった方は、まずは、圧倒的に支持を集めているクレジットカードである楽天カードがいいと思います。といいますのは、

楽天カードは、
・年会費が無料
・決済に対して、ポイントが1%還元
・ポイントが簡単に使えて、失効しにくい
・楽天利用でたまる、楽天ポイントは、スマホ決済楽天Payで有効活用も可能

というメリットがあります。

私の親は、昔発行したクレジットカードを使っていたのですが、つくりかえました(^◇^)

なぜなら、
・年会費が、1,080円(楽天カードで無料に)
・決済に対して、ポイント還元は0.5%(楽天カードで2倍の還元率に)
・ポイント交換には申請が必要(楽天ポイントで楽天やコンビニでも使える)

正直楽天カード1枚あれば、決済できる場所は格段に広がります。
消費税増税の還元対象となっているクレジット払い、楽天edyもすぐにできちゃいます。

また、発行時にもらえるポイントが圧倒的に多いので、家計的には大助かり( *´艸`)(もらえるポイントは、楽天などで使用可能、CMでもよく宣伝してますよね)

Step2 クレジットカード決済を日常的にしている方におすすめ

クレジットカード決済を日々使いこなしている方は、還元率が高いキャンペーンを実施中のスマホ決済を、活用してみましょう。

このサービスを使うだけで、0.5%~20%(キャンペーン中)の還元を受けられ、非常にメリットが大きいです。

スマホ決済の5大巨頭といえば、
・LinePay(ラインペイ) ←おすすめ
・PayPay(ペイペイ) ←今一番のおすすめ
・OrigamiPay(オリガミペイ)
・楽天Pay(楽天ペイ)
・d払い
があります。   

いずれも、スマートフォンにアプリをダウンロードすれば、すぐに使うことが可能です。

ただ、クレジットカードに比べて、使えるお店が限られるので、臨機応変につかっていきましょう。

慣れれば、お財布を出すのと同じくらい、普通に使えるようになります( *´艸`)

Step3  クレジットカードの還元率を高めるKyashカードを利用する

スマホ決済ができないお店で、クレジットカードをそのまま使うのはもったいない。

Kyashというプリペイドカードに、使っているクレジットカードを連携させれば、さらに2%の還元を簡単に受けることができます

私も愛用者( *´艸`)
例えば、楽天カード1%+kyashカード2%=3%還元となります。

ママにもこのkyashカードを使ってもらってます。私と一緒で、Kyashと楽天カードを組み合わせて、毎月キャッシュバックを受けてますよ。

詳しくはこちらで紹介しています。

Step4 最強にスマートなおすすめ決済

用意するもの
・スマートフォン(LinePay、PayPay、OrigamiPay、楽天Pay、d払いのアプリを登録)
・楽天カード(VISA):VISAかMastrcardであれば何でもOK
・kyashカード:アプリもダウンロード

LinePay(ラインペイ)

LinePayは、コード払いをすれば、現在3.5%還元を実施中。

ただ、クレジットカードでのチャージではなく、いわゆる現金でのチャージのみなので、LinePayでの還元のみ、スマホにLINEがあれば始められます。

LINEPayについて、詳しく書いています。

PayPay

PayPayに楽天カードを紐づけて、
楽天カード1%+PayPay0.5%=1.5%になります。

LinePayよりも低い1.5%の還元率となります。

ただし、現在PayPayは、20%還元祭をしていますので、他のどの決済手段よりもおすすめです。

ですので、PayPay払いができる店舗では、迷わずPayPay払いしてます。

PayPay還元キャンペーン

これは、PayPayで支払った決済。330円全額戻ってきました~( *´艸`)

PayPayについて、詳しく書いています。

OrigamiPay

OrigamiPayにkyashカードを登録して使うと、

楽天カード1%+kyashカード2%+Origamipay2%=5%

キャンペーンがない状態では、一番還元率が高い5%となります。ただし、ローソンでは、2%還元にならないなど、使う前にお店の還元率も調べておきましょう。

いずれも、使えるお店が決まっていますので、臨機応変に使って、楽しいスマート決済を楽しみましょう!

OrigamiPayについて、詳しく書いています。

楽天Pay

利用者が圧倒的に多い楽天。

その楽天のスマホ決済になります。

楽天Payにkyashカードを登録して使うと、
楽天カード1%+kyashカード2%+楽天Pay0.5%=3.5
になります。 LinePayと同じ還元率。

楽天スーパーポイントも使えますので、普段使いには、非常に使いやすいです。

楽天Payについては、こちらで詳しくご紹介します。

d払い

ドコモが推し進めているスマホ決済。

dポイントと連携しているので、dポイントがよく貯まるドコモユーザーとは相性がいい。

ただ、私のようなドコモユーザーじゃない人でも、使える。しかし、使える店舗がまだまだ少ないので、正直あまり使ってないです。

これからに大いに期待しています!

還元率は、楽天カード1%+0.5%で、PayPayと同じ1.5%還元となります。

d払いについては、こちらで詳しくご紹介します。

クレジットカードなどの不正利用が心配な方は、 銀行が発行するデビットカードや、WAON、nanacoでもいいと思います。

消費税増税で苦労するのは、私たちのような一般庶民。

少しでも、消費税の還元ポイントを受け取り、さらにお得に買い物ができるよう、さらなる高みを目指していきます(笑)

お店のポイントカードもそうですけど、
少しでもポイント還元されるとうれしいですよね。

はじめるのは、ちょっと面倒くさいかもしれませんが、 一度使ってみれば、あとは慣れです。

是非試してみてくださいね。

クレジットカードは使いますが、nanacoをもっとお得に使える方法もあります。